お金持ちになる方法

金運アップの最終兵器がついに解禁!!

きんたまるくん.png

お金持ちになるには子供のような好奇心が大事

お金持ちになるためには、子供のころに持っていた
好奇心をなくさないことが大事です。

あらゆる物事に対しての好奇心が
新しいものを創造していくのです。


お金持ちとは、創造する力を持っています。

好奇心が物を創造して、文明を発展させていくのです。

ニュートン、ダーウィン、エジソン、アインシュタイン・・・

未知への扉を開いた成功者と呼ばれる人物は、
子供のころの好奇心を忘れなかった人たちなのです。


粘土で遊ぶ子供たちは、抜群の想像力を発揮して
大人の発想では考えられないようなものを創り上げます。

ところがビジネスの世界になると、
開発や企業のようなクリエイティブな分野で働いている人ですら
従来の発想の枠を打破できないことが多くあります。


高度に発達した創造の原点は、
子供のころの感動や豊かな感受性にあります。

成功してお金持ちになるためには、
子供心を忘れないことが重要なのです。

自分が大好きで夢中になれるようなものを
つねに欲しがる気持ちが大切なのです。

タグキーワード
お金持ちの特徴カテゴリの最新記事

お金持ちは子供心を忘れていない

お金持ちは高価な車に乗ります。

お金持ちは高価な時計をします。

お金持ちは高級なものを欲しがります。


高級なものというのは、
その値段でなければならない理由はまったくありません。

生活に必要であることもありません。

車は乗って動けばいいのだし、
時計も時間を知ることができればいいのです。


高価なものは、まったくの自己満足でしかありません。

それでもお金持ちは高価なものが欲しいのです。

これは子供がオモチャを欲しがるのとまったく同じです。


ひとつのオモチャを手に入れると、
また別のオモチャが欲しくなります。

このような子供のころの心理を科学的には
「ネオテニー」と呼んでいます。


子供は好奇心旺盛で、あらゆることを知りたがります。

しかし、実際には大人になってもこのような好奇心が
心の片隅に残っているのです。

大人になると、周囲の素朴な疑問に対して、
興味を持つことを忘れてしまっているだけなのです。


子供のような好奇心や、知ることの喜び、
欲しいものを手に入れたときの感動が少なくなると、
脳の中でシナプスが崩れて、脳が退化してしまうのです。

それほど好奇心と感動というのは、
人間にとって大事なことなのです。

お金持ちは欲しいものに気前よくお金を払う

お金持ちは、自分が欲しいと思うものには
お金の支払いを惜しみません。

お金持ちは、欲しいものに気前よくお金を払うのです。

これは、欲望を刺激するための大切な投資なのです。


例えばブランド物の高級な腕時計などは、
お金持ちの定番アイテムとなっています。

しかも高級ブランドの腕時計を複数所有して、
その日の行動によって使い分けているのです。


時計を単純に時間を知るためのものとして考えれば、
あえて高級な時計を所有するのは
ただの無駄遣いとなります。

ところがお金持ちは、高級な腕時計をしているだけで、
気分が高まり、その日を快適に過ごすことができるのです。


時計以外でも、高級な絵画やブランド物のバッグ、
アンティーク家具など、その人の趣味によって
いろいろ違いはありますが、
共通しているのは、
それを欲しいと思って、手にする喜びを得ることが、
お金持ちのモチベーションを刺激しているのです。


その刺激を欲することが、成功者を生み出す原動力なのです。

これらを求める気持ちこそが、
人をお金持ちにする要因となっているのです。


一見ムダに見えるこんな投資にこそ、
夢に対して投資するという、
成功のために重要な要素が隠されていたのです。

タグキーワード

お金持ちはたくさんのお金を持ち歩く

お金持ちは、財布のなかにいつも多くのお金を入れて
常に大金を持ち歩いています。

お金持ちになるには、
財布の中にいつもの3倍のお金を入れておきましょう。


あなたは、自分の感動体験に対して
どのくらいのお金を投資できますか?

感動体験をどれだけ持てるかというのは、
お金を使うことに対する意識の差によって決まります。


たとえば、「他人におごる」ということでも、
それを感動体験と思うかどうかで体験の質が変わります。

観たい映画があった時に、その映画を観て感動すると、
自分に何らかの変化をもたらしてくれます。

しかし、映画は少し待てばDVDも出るし、
レンタルもできるようになります。

だから映画館で観るのはもったいないと言って、
たったの2000円ほどのお金を出し惜しみして、
何か月か経過してから観たとしても
興味は何倍も低下しているのです。

観るものは同じであっても、
感動体験によって脳が刺激される度合いは
だいぶ落ち込んでしまっているのです。


ちょっと町へ出かけたときに、
面白そうな個展がやっていることに気づいたとします。

そのときに、ちょっと見てみようかと
気前よくお金を投資できる人と、
もったいないないと思って見送ってしまう人では、
おそらく同じ機械は二度と訪れないので、
感動体験の差が表れてくるのです。

個展の内容がどうであれ、
偶然見つけた面白そうな個展を見たという
感動体験をすることが重要なのです。

それが自分の脳を刺激する材料になっていくのです。


感動体験を邪魔しているものは、
大脳偏重型思考にひきずられた合理性です。

どちらにメリットがあるかを分析して、
これはムダではないのかと自分の直感を打ち消して、
いつまでたっても新鮮な感動を得ることができないのです。

そんな合理性がお金持ちになる習慣を妨げているのです。


もちろん、何でもかんでもお金を使っていたら
たちまち生活できなくなって途方に暮れてしまうでしょう。

それでも、初めから極力無駄遣いしないと決め込んでしまうと、
周囲にある脳を刺激するものから
自然と目を背けてしまう結果となります。


そこで、いつもの3倍ほどのお金を
財布のなかに入れておくのです。

初めから自分にはお金を使う余裕があると思っていれば、
あらゆる感動の材料を
自由に見られるようになります。


興味のあるお店があれば入ってみるし、
本屋で面白そうな本があれば、
気軽に手にとることもできます。

それでお金を使うかどうかが問題ではないのです。


ただ、世の中にはたくさんの
自分を感動させてくれるものがあると
気付くことが重要なのです。

そして自分の欲望をどんどん刺激していくことが大切です。

お金持ちになるためのお金を使う習慣

お金持ちは、いったいどのような
お金の使い方をしているのでしょうか。

お金持ちになるためには、
お金持ちのお金の使い方を真似ることから
始めていくといいでしょう。


お金持ちは、自分がワクワクして感動できるような体験に
お金を惜しまずに使います。

お金を使うことを感動体験として認識しているのです。

脳は、感動体験を何度も味わうことを要求します。

それには、お金があるということが前提となります。

お金があればあるほど、「感動体験」が
より多く生まれるからです。

これによって、無意識のうちにお金が増えるような
選択や行動を起こすことになるのです。


これがお金持ちになるためのお金を使う習慣です。

お金を使うことによって「感動体験」を作り、
脳にその体験を「もっとほしい」とインップットさせて、
自然にお金が増えるような行動を脳が自動的に選択するのです。


同じようにお金を使っても、
それが「感動体験」になっていない人には、
このお金持ちスパイラルが発生しません。

お金を自分の喜びに使っているかどうかというのが
とても大事なのです。

タグキーワード
Copyright © お金持ちになる方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。